top of page
  • hokuyohyokoyama

入浴の健康効果はこんなに凄い!

皆様こんにちは(^^)/


ここ数日の札幌は2月としては55年ぶりの暖かさとなっており、


道はぐちゃぐちゃになっております。


足元だけではなく、屋根からの落雪等にも十分にお気をつけ下さいませ。




さて本日は、

入浴の健康効果がこんなに凄い! についてお話します。

我が国日本では古来より健康のために「入浴」を活用している稀な国なのです。


今現在でも毎日入浴(湯舟に浸かる)習慣があるのは恐らく日本だけかと思います。


入浴することにより得られる健康効果は、入浴時に身体に働く3つの物理的な作用


(温熱作用・静水圧作用・浮力作用)が関わっています。



1・温熱作用

 ・ぬるめのお湯に浸かることによる血拡張作用

 ・副交感神経が働くことによるリラックス作用

 ・体温が上がり血液やリンパの流れがよくなる環境効果



2・静水圧作用

 ・下肢周囲、腹部、胸部の圧迫による

  -腹式呼吸

  -ストレッチ効果

  -心臓や肺の活発化



3・浮力作用

 ・筋肉や関節の負荷の低減による

  ・運動機能の改善

  ・リハビリ効果

 ・浮遊感によるリラックス効果






目的別の効果的な入浴温度

浸かるお湯の温度によって効果が変わりますので、下記の温度を参考にしてみて下さい。



40℃以下(ぬるめ)

・ストレス解消 ゆっくりと長く浸かる


38~40°(ぬるめ)

・安眠したいとき ゆっくりと入る


40℃前後(ややぬるめ)

・肌を美しくする 一番風呂は避けあまり長く入らない

・足のむくみ疲れを取る たっぷり入れたお湯に深く長く入る


42~43°(熱め)

・筋肉の疲れを取る 強めのシャワーを追加して更に効果大

・心身が目覚める 交感神経を刺激 ※長風呂は厳禁





入浴は体の洗浄だけではなく、様々な健康効果があります。


健康的に入浴ライフを楽しんで下さいませ。



それではまた(^。^)y-.。o○





Comments


bottom of page