• hokuyohyokoyama

マイナンバーカード 5000円分のポイント付与、今月で終了!

皆様こんにちは!


ここ数日の強風も収まり、今日は暖かくて過ごしやすいお天気ですね!


明日24日は20度に達する可能性もあるそうです(^^)/


でも昼夜の寒暖の差が激しいので体調管理には気を付けてくださいね!



さて本日は、


「マイナンバーカード 5000円分のポイント付与」についてです。

新型コロナウィルスで一気に知名度が上がった「マイナンバーカード」


「マイナンバーカードとは」

マイナンバーカードは、プラスチック製のICチップ付きカードで券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。

本人確認のための身分証明書として利用できるほか、自治体サービス、e-Tax等の電子証明書を利用した電子申請等、様々なサービスにもご利用いただけます。

詳しくは、https://www.kojinbango-card.go.jp/



今後の事を考えると作っておいた方が何かと便利かと思います。


そして、今月いっぱいの申請で「マイナポイント」が最大5000円付与されますので


急いで申請された方がお得です。


登録申請は簡単にインターネットで完了できます。


スマートフォンからの申請はこちら

パソコンからの申請はこちら


主に、メールアドレスと顔写真の登録と番号を入力するだけですので簡単です。



マイナンバーカード1枚でできること


個人番号を証明する書類として マイナンバー(個人番号)の提示が必要な様々な場面で、マイナンバー(個人番号)を証明する書類として利用できます。

各種行政手続きのオンライン申請 マイナポータルへのログインをはじめ、各種の行政手続きのオンライン申請に利用できます。


本人確認の際の公的な身分証明書 マイナンバーの提示と本人確認が同時に必要な場面では、これ1枚で済む唯一のカードです。 金融機関における口座開設・パスポートの新規発給など、様々な場面で活用できます。


各種民間のオンライン取引に オンラインバンキングをはじめ、各種の民間のオンライン取引に利用できるようになります。


様々なサービスを搭載した多目的カード(※) 市区町村や国等が提供する様々なサービス毎に必要だった複数のカードがマイナンバーカードと一体化できます。


コンビニなどで各種証明書を取得(※) コンビニなどで住民票、印鑑登録証明書などの公的な証明書を取得できます。

※ 市区町村によりサービスの内容が異なりますので、詳細はお住まいの市区町村にお問い合わせください。



今後、コロナウィルスによる給付金の受け取りにも

前回の全国民への10万円の給付金の受け取り時にも使われた


マイナンバーカードですが、もし今後更に給付金がある場合は


給付金の受け取りがスムーズで楽になります。


是非これを機に申請してみてください。




コロナの現状 正しく恐れましょう!

世界でも感染率が桁違いに低い「日本」ですが、


現在でも日本国内では感染に関する報道が多く、病床が逼迫しているのも


事実です。


病床の逼迫はあくまでも国の政策に問題があるわけで、コロナ対応している病院が


世界に比べて圧倒的に少ないのが問題です。


▼2021年4月22日現在

日本人の人口は、約125、000、000人

日本人のコロナ感染者累計数は、約550、000人


計算すると日本人の約0.4%が感染し、

99.6%が感染していません。


これは世界から見ると日本はほぼ感染爆発はしていないと評価されているようです。


よって新型コロナのワクチンの日本への供給が後回しになり、接種が遅れている


これが事実のようですね。


いずれにしましても、感染対策はしっかりとし、空気循環の悪い密閉空間などで


たまに会う人たちとの接触はなるべく避けた方がいいでしょう。


アルコール消毒、マスク、手洗い、3蜜(普段合わない人との)


これらをしっかりと対策し、こんな状況でも楽しめるように工夫しましょう(^^)/


来週からゴールデンウィークです。


皆様の健康、安全と幸福な時が過ごせるように願っております(#^.^#)


それではまた来週( ^^) _U~~











3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示