• hokuyohyokoyama

札幌雪祭りの歴史



皆様こんにちは!


最近も寒暖の差が激しいので体調管理には十分にお気を付け下さいませ。


さて


今年の雪祭りは全ての会場が開催見送りとなり、唯一「羊ケ丘展望台会場」のみの


バーチャル開催となりました!

開催期間 2021.2.4~2.28


これはインターネットにて様々なコンテンツも含んだ内容が見られます。


ぜひご覧くださいませ。


https://www.notion.so/V-2021-dd124273d5284a66a229b96f16c6d917




私がまだ小さいころの雪祭りは、大通公園の両サイドの車道側にずら~っと


テキヤさんがならんで、まさにお祭り!っていう感じでした。


気が付けばテキヤさんがなくなり、プレハブやハウス型のおしゃれなお店が増えて


お祭りというよりも「フェス」的でおしゃれになりましたよね(^^♪



私個人的には昔の方が好きです。





ところで、札幌雪祭りの始まりってご存じでした?


今回調べて初めて知りましたが…


さっぽろ雪まつりは、1950年に地元の中・高校生が6つの雪像を


大通公園に設置したことをきっかけに始まりなんだそうです(';')


それがこれ↓です

▲第1回開催時の雪像「羆(ひぐま)」(写真提供:さっぽろ雪まつり実行委員会)



それが昨今では200~250万人も訪れる大規模イベントとなり


世界中からも多くのお客様が来れれていました。


自衛隊も大きな役割を担っており、毎年300名近い隊員数を動員し


大きな重機や運搬車両を使い極寒の中作業されています。



自衛隊が手掛ける大雪像は圧巻ですよね~


今年は事実上の開催中止になりましたが、


来年こそはコロナを終わらせて開催されることを願っております。


ちなみに、道内のほかのイベントもほとんど中止となっておりますが、


唯一開催しているのが「層雲峡氷瀑まつり」です。

https://sounkyo.net/hyoubaku/


是非足を運ばれてはいかがでしょうか?


屋外で密になりにくい環境ではありますが、コロナ対策はしっかりして楽しみましょう。



それではまた来週( ^^) _U~~




16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示